志望動機の作成ポイント

志望動機を採用・不採用の判断材料にする企業は多いです。

あまりにも安易な考えで志望動機を作成してしまうと不採用になる確率が高くなるので志望動機は慎重に作成するようにしましょう。

志望動機を作成する際、以下の事は明確にしておきましょう。

・なぜその企業を選んだのか?
・その企業で自分にできる事は?
・その企業でどんなスキルを身に付けたいのか?
・将来的にどんな人間になりたいのか?

というような事は必ず明確にして、志望動機に入れていきましょう。

これらの事を明確にできれば仕事への意欲を伝える事もできますし、その企業で働きたいといおう熱意も同時に伝える事ができますよ。

企業側も数多くある企業の中からなぜ弊社を選んだのかを問う事は多く、採用担当者が納得のいく志望動機を作成する事ができれば好印象を与える事ができ、大きなプラス評価へ繋げることができます。

上記でも述べましたが、志望動機を採用・不採用の判断材料のする企業は多くあります、説得力のある志望動機、好印象を与える事がおできる志望動機を作成する事ができれば採用に大きく近づく事ができるので志望動機は時間をかけて慎重に作成するようにしましょう。

自己PRの作成ポイント

既卒者の方は正社員としての社会人経験がないため、職歴に関するアピールができないので自分の人間性や仕事への意欲を中心にアピールしていきましょう。

既卒の方には若さという武器があります。この若さは社会人未経験という事をカバーできるものなので社会人未経験の方でも就職できるチャンスは十分にあります。それに併せて自己PRで自分の事を企業側にしっかりアピールできれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

自己PRを作成する際のポイントしては、自分の人間性などをアピールする事はもちろん大事なんですが、企業が求める人物像を把握する事も大事なんですね。

いくら優秀な人間でも企業が求める人物像とマッチングしなければ採用をもらえる確率は下がってしまいます。

ですので、企業研究を行なって企業側が求める人物像を把握した上で自己PRを作成する事をおすすめします。

今では多くの企業がホームページやSNSで自社の情報を公開しています。企業の沿革や正社員紹介などのを見れば企業が求める人物像もある程度把握する事ができますので自己PRを作成する際には必ず、企業のホームページに目を通しましょう。

そして、その企業が求める人物像に合わせて自分の性格や仕事への意欲をうまくアピールできれば企業側にも好印象を与える事ができますよ。